今更「NEWS」のソロ曲の話

今更だけど、「NEWS」というアルバムのソロ曲が最高すぎることに気づいてしまったので、曲の感想を書きたいと思う。(何年前だよ)

 

1.Beautiful Rain:小山慶一郎

 

いや~、この曲好きすぎて無理(雑)。慶ちゃんの高音が素敵すぎてだな。雨も好きになっちゃうわ。あと、作詞小山慶一郎て…何…慶ちゃんの所々出しにくそうに歌うところ、本当に好きすぎて、慶ちゃんの喉に乾杯。このもう少しで声が裏返りそうなギリギリなラインで歌ってるところとか最高すぎて…2番で急に夕立のときに雨宿りしたね、みたいなエピソード出てきて遠くの方でキラキラしてたこの曲が急に身近に感じられて、振りむけば小山、みたいな感じになる…(意味不明)。私にも傘忘れて雨宿りしてたら小山慶一郎も偶然雨宿りしにきて、「すごい雨ですね」「そうですね」「(沈黙からの)「「あのっ」」「あ、すみません、どうぞ」「いや、こちらこそ…どうぞ」「え…」「あ、じゃあ僕から。今度お食事でも…」みたいなまさに夕立のような展開あるの???←ない。燃えるとか消えるとか涙とか雨とか傘とか、言葉選びも秀逸なんだよな~~~。「君のことが分かるよ」の後の高音が最高すぎないか…何かもう最高しか言葉が出てこないんだが。しかもその後の「beautiful rain」の歌い方がさ、「ビューティフル レエィン」みたいな?文字で表すと難しいけど、「レ エィン」みたいな。レとエィンの間にある「間」が最高すぎてその隙間に入りたい。

 

2.Dreamcatcher:加藤シゲアキ

 

いや~~、この曲も好きすぎて無理(2回目)。シゲの作詞作曲の才能には本当に脱帽する。もう最初から好きしかない。それに何が良いってさ!!!「Lady」って入ってるでしょ歌詞に!!!「Lady」大好き芸人としては見逃せないのよ。シゲはちゃんと「leidi」って発音してくれてるしね。この曲っていわゆるエロ的な、そういう曲みたいだってどこかのブログで読んだんですけど(そうなのか)。まあ、なんとなくエロ的な、性的な匂いはするわけですけど、それをそう感じさせないこのオシャレな感じ!!!何なの!!!シゲもそうだけど、NEWSって何というか、エロ的な、性的な(さっきからこういうときどう表現すれば良いか模索している。セクシャリティ?セクシーゾーン?何?←うるさい)ことを歌うのに、それをそう感じさせない歌詞と歌い方に長けすぎてません???歌詞はまあ楽曲提供してくださっている方々(とメンバー)の素晴らしいセンスの塊だけれども、それを爽やかにいやらしさを感じさせずに歌うNEWSちゃんスゲーーーと思うわけです。チャンカパーナとかポップでキャッチ―!って感じだけど、歌詞の内容なかなかだし、今回のアルバムのアン・ドゥ・トロワとかも、まあ可愛い感じ出しといて、よくよく歌詞見るとあれ?ってなるからね。それと、割と直接的に手越くんとかは歌うことあるけど、(シゲが間接的に表現するのに長けてるとしたら手越くんは直接的に表現することに長けているというか、そんな感じ?)あの歌唱力で歌われたらなんか逆に気持ちいいもんね。清々しいよこっちは。セクシーに歌っても全然いやらしい感じしないじゃない。私あんまりそういうのに免疫(とは?)ないので、そういう感じ前面に出されても困るのよ。だから、NEWSちゃんは爽やかおしゃれエロス担当として今後も大いに活動してほしいなと思います。って何の話だっけ?ああ、シゲのソロの話ね(おい)。シゲのソロって曲聴いてまず「おおお」「あああ」「シゲ!!!」ってなる(伝わらない)けど、ライブの演出見るとより「おおおおお!!!」「あああああ!!!」「シシシゲ!!!!!」ってなるところがすごいな~と思うんですよ。演出が神。もはやシゲ=神。シゲのソロ聴いてるとシゲは同じ世界に生きる人間だと思うことができないんだよ。つまり神(うるさい)。曲の途中でキスの音とか、曲の最後に「おやすみ」って囁くとか、そういう演出やめてくれます?????聴いてて「へっ?????」ってなるので。やめてください!!!!!(振り)ラップ?という表現が正しいのか分からないけど、そこもさ、シゲが作詞をしているという事実がさらに胸躍らせるじゃん…韻を踏む歌詞を書く人って生ける広辞苑だからさ、ボキャブラリーが多くないと無理じゃん…才能が爆発してるよ~(頭を抱えながら)

one sheep two sheep go on 「and on」…
よりも〔シゲちゃん〕が〔sing 「a〕 song」
おいで『睡魔』 like a 『cashmere』
二人彷徨う星屑 『swimmer』
≪night『mare』≫ 俺を≪舐めんな≫ 眠り姫守る dream『chatcher』
Rally-【Ho】 みたくはまる魔【法】
そ【っと】 瞳を閉〈じ〉〈zzz〉…

まあ無理やりそう解釈している部分もあるけど、聴き心地が良ければ良いのよ(雑)。シゲのことをこれから第二の翔櫻井って呼ぶことにするね。

 

3.Remedy:増田貴久

 

いや~~~、この曲も好きすぎて無理(3回目)。ウイルスのことVirusって歌わせた人まじ神か…!文字数的にはウイルスでもいいんだけどさ、Virusって…しかもまっすーの歌い方も「ヴァイラス」って何これ…ヴァ…ヴァ……最高…私今度ノロウイルスにかかったらノロヴァイラスって言うわ(←?)。「病名は I LOVE YOU」って歌詞もそうだけど、まっすーの「I LOVE YOU」の歌い方がな~~~~~無理……病気になる。後半の「DANGEROUS」を「デンジャラアス」みたいな歌い方してるじゃない…「デンジャ ラ アス」みたいな…無理…危険すぎるこいつ…あと、まっすーって言葉を発すときに「h」が含まれている感じがして好きなんだよな~~~(伝わらない)。サ行を発音するときが特に分かりやすいんだけど、例えば「す」を発音するにしても「しゅ」に近い「す」というか。「su」じゃなくて「shu」になるというか…なんて言えば良いんだ…「支配」を「しゅはい」みたいな…多分なんだけど、まっすーってしゃべるときも何となく特徴のある感じで、その延長なのかなと思うけど、ん~~~自分の語彙力と説明力のなさに泣けてくる…後に書くけど、Love'nUの手越くんの「a」の音が良いな~と思うのと同じように、この曲のまっすーの「i」の音が良いな~と思うんです。私は。この曲で言うと「一口」「支配」「痛い」「癒し」とかね。「u」も好きだな…「Uh Hu Ah Ha」とか最高だよね…うん、何言ってるか分からないけど、とりあえずまっすー好き(雑)。

 

4.Lovin’U:手越祐也

 

いや~~~~、この曲も好きすぎて無理(4回目)。手越くんにしてはあれだよね(何が)。今回のアルバムのソロを聴きすぎてこの曲の安心感半端ない。これって、女の子側の歌なのかな?そう考えるとさらに良いよね。私男の人の(アーティストに限る)女性言葉とか好きだから、女性側の気持ちを歌っているんだとしたらすばらですね~。でもこれ切ない歌詞すぎる…好きなのに別れるのか…私にはそんな経験ないし今後もある予定はないんだけど、好きなのに別れるってきついよな…私一時期この曲と担降りを重ね合わせて聴いてたことあったわ(やめろ)。チャンカパーナからNEVERLANDまでのソロ曲聴いたら手越くんが1人だっていう事実に震えるよね。絶対何人もいるもん…なんでこんなに歌上手いだろう…私に半分頂戴(?)車でこの曲聴いてるときにさ、イントロ流れて手越くんと同じタイミングで「さよなら」って入れた時の快感は忘れられないね。キターーーはまったーーー!!!みたいになるので皆さんも試してみてください(やらない)。この曲って「a」の音で始まる部分が多い気がするんだけど、手越くんの「a」の発音気持ち良すぎて…「さよなら」「明日の先」「あの夢の」「輝き」「走り出した」「淋しいと」「泣きながら」「あぁ」「あなたは」「分かれなきゃ」「守れない」「抱きついて」「探してる」etc.手越くんの歌って聴いてて気持ちいいから心洗われるような気がして、まるでジャニーズの空気清浄機や~って私の中の彦摩呂が言ってたよ(言ってない)。とりあえず手越くんは幸せになってね。

 

ん~~~、今まで聴かなかったのが悔やまれる…再始動して初のアルバム(で合ってる?←そこらへん怪しい)でこのクオリティのソロを持ってきてくれるNEWSと制作陣の皆さまやっぱり天才~~~~~好き~~~~~。それからずっとクオリティを保って、というかむしろクオリティを上げまくって今も居てくれることが素晴らしすぎて本当にありがとうございます!!!(急に)NEWSは私にとってBeautiful RainでありDreamcacherでありRemedyでありLove'n Uです(意味不明)。では。