ふぉ~ゆ~にGACHIでkoiする4秒前

 

※ふぉ~ゆ~素人の人間が書いておりますので、ふぉ~ゆ~玄人の方(を始め様々な方面の方)は不快な思いをされる可能性があります悪しからず。

 

 ~4秒前~

 

私がふぉ~ゆ~が知ったのは2014年のFNS歌謡祭だった(はず)。

その年はマッチ様様のおかげでジャニーズの大半のグループが集合するという異例の事態だった。ただ、翼くんが体調不良により欠席。その代打なのか元からつく予定だったのか分からないけど、タッキーの後ろにバッグでついていたのがふぉ~ゆ~だ。地上波のテレビでジュニアのグループ名がテロップで出るのはあまり見かけたことがなかったのですごく印象に残っている。うん。こんな風に。

 

 

「ダサい…」

 

 

(ふぉ~ゆ~担の方々に深々と謝罪)

まず、ひらがなのグループを初めてみた。そして見た目とグループ名にギャップがありすぎて違和感しかなかった。ただ、その数か月後(←遅い)ふぉ~ゆ~というグループ名の意味を知ることになる。名前に「ゆう」がつく4人でふぉ~ゆ~。それを知ったときの腑に落ちた感は私の人生で5本の指には入ると思う(大げさ)。そして、ありがたいことにふぉ~ゆ~の舞台を見させてもらっている今、あの優しい空間を作れる4人はやっぱりふぉ~ゆ~だな、と。「~」が4人の温かさを表しているじゃない…ふぉーゆーでもなく、FOR YOUでもなく、放遊でもなく、あの4人はふぉ~ゆ~だなって。ダサいって言ってごめんね、と思うのである。

それに、私は好みがものすごく偏っていて、グループを好きになるにも、全体的に’’まず’’「顔が好み」じゃないと見ていられない質の悪い人間で(最悪)。1人でも顔が嫌いとか、そもそも受け付けないとか、(そりゃ私だってジャニーズのあるグループは好きだけど、全グループが好きってわけじゃないんですよ)があるとそのグループ自体「苦手」に感じるので、まず全体的に「顔が好み」じゃないといけないという私の中ではハードルの高い条件をふぉ~ゆ~はなんなくクリアしていったのです。

 

で、私が今回観に行かせてもらったのは、「GACHI」という舞台。ちなみに、私のふぉ~ゆ~の舞台デビューは「縁~むかしなじみ~」である。その次が「23階の笑い」。今回がなんと3回目になる。ありがたい。きっかけは、ふぉ~ゆ~好きの友人がいて、ありがたいことに舞台があると声をかけてくれるのである。初めて行った「縁」では、当時の私の心が荒んでいたことも功を奏して割と本気で泣いた。「23階の笑い」ではブラックジョークというのか何というのか、それが分からず笑うべきところで笑えなかったのが悔やまれた。そんなこんなでもう3回もふぉ~ゆ~の舞台を観させてもらっているわけだが、そこまで私が見た4人を少し書かせてもらおうと思う。

 

~3秒前~

 

まず、福ちゃん。私は4人の中で誰と言われると多分福ちゃんが好きだと答える。理由は色々あるが、特に私は福ちゃんの書くブログと独特な振りと表情と声とトルコアイスみたいな頬っぺたが好きだ。そもそも私が福ちゃんを気になりだしたきっかけは友人に見せてもらったジャニウェブのブログにある。福ちゃんの連載?を見せてもらって、私はなんて面白い文章を書く人なんだと思った。そのときはまだジャニウェブに登録していなかったのだが、福ちゃんのブログが読みたいという欲と前から入りたいと思っていたことが重なりその数週間後入会をしたという逸話(?)もある。生で見る福ちゃんはかっこいいし、何といっても表情が豊かで見ていて楽しい。今回の舞台ではダンスのシーンも多くて、福ちゃんを追っていたら、言葉にするのが難しいんだけど福ちゃん独特の振りというか踊り方というか体の動かし方というか…それが絶妙に気持ち悪くて、というと怒られそうだが、絶妙に変で好きだなぁと思った。そう思うのは私だけかもしれないので、ちゃんとした福ちゃん担の方がいたら、「そんなことねえよ!こら!ぼけ!!」と私を叱ってほしい(福ちゃん担の方はこんなに口悪くない)。それに、あの、あの、頬っぺたは一体何でできているんだろうか。伸ばしたい頬っぺた堂々第1位。

 

次に、辰巳さん。辰巳さんは顔が小さい。多分に日によっては顔がない(ある)。辰巳さんのイメージは、真面目。きっとバカがつくほど真面目なんだと思う。ゆうパックが「バカまじめ」を売りにしていたけど、もしかしてゆうパックの「ゆう」は「辰巳雄大」の「ゆう」だったのか…?(違う)と思うほどである。なんで辰巳さんが真面目だなと思ったのかというと、何をするにしても周りを見ていると感じたから。コメントするにしても、コメントしてから周りを見てるし、誰かがコメントすれば、すかさず合いの手を入れる、きっと気を遣う人なんだなと。良い意味でね。今回の舞台で紹介曲みたいなのがあって、辰巳さんのところで「心配性」みたいな歌詞があったけど、なるほどな~って。きっと心配だからあれこれ準備するし、確認もするし、反省もするし、、、って感じなのかな、と勝手ながら思ったわけです。そしてダンスもかっこいい。私はキスマイの千賀くんの振りが好きなんだけれども、それを彷彿とさせるような、今回の舞台ではそれを大いに感じた。多分私は辰巳さんの体幹が好きだ。

 

次に、こっしー。自称「23階の笑いでザキさんがセリフを言っているときに見つめるこっしーの眼差しが優しすぎて忘れられない系女子」こと私は今回の舞台でこっしーに心奪われそうになっている(現在進行形)。というのも、なんかこっしーかっこよくない?(雑)こっしーが踊ってるときに不適に笑っているところとか(あれ?笑ってたよな…←曖昧)、普通に演技しているとき、普通にしているときとダンスのときのギャップがありすぎるところとか、すごい好き。それに、これを言うと各方面から怒られそうなのであんまり言いたくないんだけど(←でも言う)、今回の舞台でこっしーが踊っているときに「ニノ感」があって、だから私好きなのかもしれないな~って。ニノ感とは?って感じだけど。ふと、あ、ニノみたいだな、と思って、きっとそうじゃないんだろうけど、私はそう感じてこっしーを「なんとなく」良いなって思ってたけど「明確に」良いなって思ったというか、とりあえずこっしーかっこいいな!!!(雑)ただ私はこれがとても悔しい。実を言うとこっしーに関しては一番「落ちない」「はまらない」と思っていた人だったから、こんなに追い上げてきて(←)悔しい(楽しい)。これは私が手越くんにはまりだしたとき以来の気持ち。手越くんには絶対はまらないと思っていたのにどんどん手越くんを見てしまう自分。そのとき「悔しい」って思って、それが今回のこっしー事件(?)でも起こっているわけ。きっと、次もし、またふぉ~ゆ~を何かしらの形で見られるとしたら、落ちている可能性は高い。福ちゃん頑張って!!!←?

 

そして、ザキさん。ザキさん=元気で明るくてうるさくて(←おい)面白いって感じだから、舞台で演技しているところを見て正直びっくりした。私は多分ザキさんの演技が一番心に来る。「縁」で最初に泣いたのもザキさんのところ。ザキさんの演技は心にグッと来る。面白いことももちろん言うけど、決めるときは決めるし、きっと根は真面目なんだろうなって。きっとふぉ~ゆ~ってクラスの優等生の集まりでしょ(笑)福ちゃんは生徒会長、辰巳さんは風紀委員長、こっしーは会計、ザキさんは応援団長。光一くんに髪の毛ブロッコリーと弄られるザキさんも面白いなって。もうブロッコリー見てるとザキさんにしか見えないし(こら)。ザキさんの侍姿似合っていたので忍たま乱太郎を実写化した後、「小松田秀作」の役ください。

 

~2秒前~

 

で、今回の舞台で個人的にツボだったことをまとめると、「サスペンダーとスタンドマイクと韻」になる。私サスペン男子が大好物でして。サスペン男子っていうのはサスペンダーしてる男子のことね。それで23階の笑いでもふぉ~ゆ~はサスペンダーを見せてくれて、今回なんて登場するなりサスペンダーだから困った困った。舞台の最後の衣装はね、福ちゃんとザキさんはすぐにサスペンダーだって分かったんだけど、辰巳さんとこっしーはベストの上からサスペンダーなのか、ベストにラインが入ってるだけなのか分からなくて、それ確かめるために本人見ないでそこだけ見てたよね(本人見ろ)。結局ベストの上からサスペンダーだったんだけどね。何それ。好き…

それに舞台の途中でスタンドマイクを運んでくるシーンがあるのよ。スタンドマイクだけでも好きなんだけど、私スタンドマイクを運ぶジャニーズ担なので、それはそれはごちそうさまですって感じで。だって、あのジャニーズがよ???スタンドマイク運んでるんだよ???別にスタッフにスタンバイさせてもらってもいいものを、あの、ジャニーズが自ら???運んでるんだよ???尊い以外何ものでもないよ、どこかに奉納しよう。あと、スタンドマイクの傾きと私の好きの感情は比例します。はい、ここテストに出ます。メモらないで心に刻んでください。スタンドマイクの傾きと好きの感情を比例します!!!しますね???皆さんも比例しますね???傾けば傾くほど好きになりますね???←うるさい

それから、さっきちょろっと書いたけど、今回紹介曲みたいなのがあって、そこで踏んでいる「韻」が気持ちいいのなんの。もう大好き。例えばね、私の印象に残っているもの+耳コピした方の画像を見せてらったものから出すと、「G難度」と「次男坊」とか。てかこれ1位かも知れない…好きすぎるこの韻。それと「touch me」と「辰巳」とかね。「スイーツ’男子’」と「全て’白紙’」とかね。「ます」で踏み続けるパートとかね。もう、大好き。私ラッパーと結婚したい(嫌だ)。「G難度」と「次男坊」に限っては何回聞いても初めて聞いたときの驚きと快感が味わえる。もはや「G難度」と「次男坊」の文字列と結婚したい(とは)。

 

それにちょっと余談だけど、ふぉ~ゆ~の関係性って正直私の中で分からないわけ。ずっと見ていれば、こことここが仲が良くて、とか、シンメ?でとか、兄弟で、とか分かってくるんだろうけど、なんせあまり知らずに舞台を観に行かせてもらってるので関係性が分からなくて。しかも今まで私が見ていたグループっていうのは年齢に多少の差があって、兄的存在、弟的存在っていうのは明確だったわけ。でもふぉ~ゆ~はみんな同い年。そこでふと思った。誰もが兄的存在になるし、誰もが弟的存在になるグループなんだと。舞台で私がすんごく印象に残って「萌え~(古い)」って思ったのが、福ちゃんが衣装を着るときに変な風になっちゃって、それをこっしーが着させてあげる、手伝ってあげるっていう場面があって、私的に福ちゃん(リーダー)=兄的存在だと思っていたから、こっしーに甘えている(?)福ちゃんが新鮮で可愛くて、ああふぉ~ゆ~ってこんな感じなのかと思って、でも例えばこっしーの衣装が変な風になって、福ちゃんがそれを直してあげるっていう場面も想像できないわけではなくて、というか、どの組み合わせでも兄、弟的な感じがどっちでも当てはまるというか。それがすごく良いな~って。実際どうなのか知らないけどね。もっとちゃんと知っていれば、もしかしたら明確に兄、弟っていう感じが分かってくるのかもしれないけど(笑)ふぉ~ゆ~って同い年だから「仲間」であり「ライバル」っていう感じが強くてそこらへんも「男社会」って感じがしてとても好きです(笑)

 

こんな感じ(?)で私の「ツボ」を責められた「GACHI」だったけど、毎回ふぉ~ゆ~の舞台って観終わってから温かい気持ちになれるな~って思ってて。それって、多分「舞台」だからで。私が思うに舞台って演者と観客が明確に分かれているというか、演者は演じるのに集中しているし、観客は観るのに集中しているし、そこには何の「欲」も入り混じらないかな、と。ライブとかでは、私はそうなんだけど、少しでも近くで見たいとか、一番好きな人に近くに来てほしいとか、あわよくばファンサしてもらいたいとか、結構な欲が渦巻いてて、出る側も出る側で自分のファン見つけたいとか、多少は思っているのかな、と思って、ライブ会場って演者と観客の欲まみれだなって。それが楽しいし別にライブが嫌いとかそういうんじゃないけど、どこかしらで「良いな」と他人に嫉妬してしまう自分がいたり「もう少し近くで見たかったな」と欲張りになってしまう自分がいたりして。私がふぉ~ゆ~の舞台を観に行くと、そういうのが全くなく、「ああいい舞台だった」とほっこりして帰ることができる。きっと舞台を観に来ている人の中には「もっと近くで見たい」とかファンサまでいかないにしても「こっち見てほしい」とか思っている人もいると思うし、演者だって欲がないわけではないと思うけど、私が3回観に行かせてもらった感想としては、いつも心穏やかで優しい気持ちで帰れるなって。4人の空気感なのかもしれないし、舞台特有の空気なのかもしれないし、私が勝手にそう「思いたいだけ」なのかもしれないけど、少なくとも私は「優しい温かい」気持になって幸福感だけ持ったまま帰れるので、そういう舞台を作ってくれるふぉ~ゆ~は素敵だな、と急に真面目なこと言うようだけど、そう思います。かっこいいな!ふぉ~ゆ~!(急に雑)

 

~1秒前~

 

それと最後に、とても印象的な、というかナイーブっちゃナイーブな出来事があって。それは、最後に観客が拍手して、演者が挨拶してっていうところで、もう記憶が曖昧なので事実とずれがあるかもしれないけど、福ちゃんがこの拍手が偉い人に届いてどうのこうの…という発言をして、観客も他のメンバーも「お~」みたいになって、あまりにも盛り上がっちゃったから、福ちゃんが違う違う、お偉いさんに届いてどうにかなったらいいな、ってことみたいな(多分合ってない←おい)ってフォローしてて、そしたら辰巳さんかな、「俺どっかから茶封筒的なの来るのかと思っちゃった」って発言してて。私なんかからすると、ふぉ~ゆ~って先輩たちにも引っ張りだこだし、単独で舞台もやるし、ジュニアっていう認識が薄くて、でも本人たちはやっぱりデビューしたいんだなって、辰巳さんの発言で思って。デビュー=成功ってわけではないけど、やっぱりデビューしたら露出も増えるわけだし、色んな可能性が広がるわけだし、それ目指さないってことはないだろうけど、ふぉ~ゆ~くらいのベテランさんで、色々単独でお仕事してるグループでもそういうこと考えてるんだなって。どれくらいでデビューできるとか、そもそもデビューできるかどうかとかも保障されていない世界だから、そこらへん難しい問題だし、本人たちもファンの方たちにとってもちょっとナイーブな問題なのかなと思ったんだけど、そのとき会場が「応援してください」「応援します」で溢れててすごい印象的だった。私は正直デビュー組にしか興味がないというか、ジュニアには本当に疎くて、誰がバックについていようと、あんまり詳しく知しろうともしないんだけど、それは私にとって曲とグループの影響が大きくて。私にとって曲が好きじゃないとそのグループを好きにならないというか、音楽が好きっていうのもあって、割と曲が大きな割合を占めるんだけども、ジュニアというのはオリジナルの曲もない(イメージ)だし、あってもそもそもそれを聴く手段がないから、自分とは縁のない世界だなって思ってて。デビュー組はある程度、まあ期間はばらつきがあるとしてもリリースが決まっていて、どこかしらでは聴く機会があって、それではまったり、気になったりすることもあって。だから、なんというかふぉ~ゆ~をこうして好きになったことが自分としては異例だし、なんかもっと歌ったり踊ったりしてるところ見たいからもったいないな~とも思うし、ふぉ~ゆ~がデビューしたら全力で応援したいし、本当にはまっちゃう気がするからやめてよ~~~って感じです(おい)。いやもちろんデビューしなくても縁があるなら定期的に見させてもらいたいグループだし、何かあれば、というか何もなくても応援してるんで頑張ってください!って感じ。私の分際で言えることじゃないけど、

 

ふぉ~ゆ~にGACHIでSACHIあれ!!!(←何これ)

 

って感じで。うん。だから最後にもう1回言って終わるけど、

 

ふぉ~ゆ~にGACHIでSACHIあれ!!!(←何これ2回目)

 

…0